ホーム > 組織情報

リバーセーフティー・ジャパン 日本の川の安全を!

 

リバーセーフティー・ジャパンの理念やスタッフからのメッセージ、組織情報をご説明しています。

理念

極端な気象現象、氷河の融解、海面上昇、頻発する自然災害、地球温暖化が世界各地で様々な影響を及ぼしていることは、もはや疑う余地はないであろう、私達は、水害に関連した防災・救助という視点で気候変動の影響に対処していく為の今すぐ出来る適応策の1つとして、急流救助訓練による救助技術者の育成(Rescue3プログラム)を行っています。

また平時における河川救助技術の向上と防災に関する知識の理解・意識の高揚を目的とし河川救助現場及び水害からの被害を最小限に軽減するための努力を続けて行きます。

各種河川救助訓練プログラムを通し、水難事故の抑制や大規模な水害発生時等に救助活動を行う可能性のある人材に対し、河川救助の基礎知識、自分自身の安全管理、救助技術など体系的に学んで行きます。河川で行う実施訓練は新しい知識や気付きを、理解すると同時に“経験の場”として大きな役割をします。また河川救助活動は、決して知識だけで着手できる活動ではなく、訓練と練習そして経験が必要とされなければ二次災害発生の原因にもなります。河川事故抑制と二次災害防止を実行する為、プログラム参加を通し少しでも河川救助活動の場において役に立てていただきたいと考えています。

代表挨拶

河川法の改定の後に様々な河川事業の取り組みが行われております、青少年の健全育成及び野外活動ラフティング・カヌー・水辺の防災啓蒙など、レジャー・観光・防災と幅広く“川”が見直されています、これらの活動は社会的にも多大な成果が得られるものと確信しております。しかしながら多様な河川環境の中、安全配慮の欠落が原因で川における怪我・事故が多発して起きているのも現状です。その多くは「最悪の事態」を想定していない人為的判断ミスから起きるケースが多いと考えます。
自然は私達が必要としている豊かな心を育む力があります、同時に命をも奪う多くの危険が内在している事も私達は認識しなければなりません。リバーセーフティージャパンでは、河川救助活動に関わるすべての人が安全に救助活動が着手できる事、そして河川における防災意識の高揚を目標とし 多くの「経験」の場を提供し続けていきます。

代表プロフィール

本間 靖雄
本間 靖雄 Yasuo Homma

1970年1月23日、東京生まれ。6年間のオーストラリア滞在期間を含みおよそ12ヶ国41河川を下る経験を持つ。1999年〜2001年には、世界ラフティング選手権大会に日本代表として出場、現在は、利根川を拠点に河川における水難救助プログラムの開催、とボート操船講習を実施。海外経験を活かし開発途上国などでも救助に関するワークショップ等も開催。

  • Rescue 3 Japan SRTシニア インストラクター
  • International Rescue Instructors Association認定
  • NZRA(New Zealand Rafting Association) /Grade4&5National senior Guide
  • IRF(International Rafting Federation)公認検定官
  • 日本リバーガイド協会(RAJ)公認検定官

組織情報

屋号 リバーセーフティージャパン/ River Safety jp
代表者 本間 靖雄 Yasuo Homma
事業内容 各種水難救助ライセンスの講習及び検定
安全指導講習の開催
所在地 〒371−0842 群馬県前橋市下石倉30−11 135号 [ 地図 ] 
電話 027−255−1736
FAX 027−255−1736
営業時間 9時より18時
お振込先 群馬銀行 月夜野支店 普通口座 0537821 レスキュー3ジャパン 代表 本間靖雄

講師紹介

藤原尚雄
藤原 尚雄 Hisao Fujiwara

1958年 11月8日生まれ 東京都在住。カヌー専門誌の創刊、アウトドアスポーツ関連の文筆業に関わった後、救助講習専業に転進。20年の急流スポーツ経験を生かしSRTインストラクターとして活動かたわら、ロープレスキュー・インストラクター、ファーストエイド・インストラクターとしても活躍中。コンファインドスペースレスキュー、トレンチレスキューにも造詣が深い。「レスキューハンドブック」(山と渓谷社)など関連書籍も多数。急流事故における実地救助実績も多数。NPO法人広域防災水難救助捜索支援機構理事長も兼務。

  • レスキュー3ジャパン・シニアインストラクター
  • SRTインストラクター及びSRT-1インストラクター指導員
  • TRRインストラクター及びTRRインストラクター指導員

インストラクター紹介

関東エリア

横山 巌
横山 巌 /Iwao Yokoyama
02/10/1973 iwaobum@hotmail.com

国内のキャリアは11年、豊富な経験を活かしNZ(クイーンズタウン)などでも活躍、現在群馬県在住、ガイド+IRF公認インストラクターとして活動中

  • ライセンス・NZRAグレード4・5
  • プレホスピタルエマージェンシーケア
  • ウィルダネスファーストエイド
柴田 大吾
柴田 大吾/ Daigo Shibata
17/12/1976 shibatadaigo@japanrafing.org

関西大学探検部OB。 四国・吉野川、群馬・利根川にてガイドをスタート、4年間オーストラリアQLDでの就労経験を活かし、現在ラフティングチーム・テイケイ所属07年には世界大会総合3位の実力

佐藤 晋
佐藤 晋/Susumu Sato
16/08/1975 susumu200@hotmail.com

98年よりリバーガイドとして11年目、NZ(北島)カイツナカスケード社勤務。99年よりラフティングチーム・ラピッドマスターとしてアフリカ・チリ・アメリカ・ニュージーランドなど国際大会に出場、ヨーロッパ遠征など経て、現在は、年間を通しアウトドア業に従事。

富田 寛之
富田 寛之/ Hiroyuki Tomida
09/11/1977 tomi_luppa_1109@hotmail.com

北海道・尻別川にてリバーガイドとして勤務、04年より、ラフティングチームテイケイに所属、世界大会05年エクアドル10th/ 07年 韓国3rd/ 08年ワールドカップ日本1st/ 豊富な経験・技術を活かし、次の世界大会へ向け活動するアスリート。

  • Medic First Aid Basic
池田 拓也
池田 拓也/ Takuya Ikeda
05/2/1979. iketaku@hotmail.com

99年利根川にてラフトガイドとしてスタート、NZショットオーバー川・Ausニンボイダ・タリー川・四国・吉野川などで就労、その後ラフティングチーム・テイケイへ所属チームキャプテンとして07年世界大会では3位、ワールドカップでは1位の日本を世界のトップへ導く。

  • Medic First Aid Basic

北海道地区

中沢 静登
中沢 静登/ Shizuto Nakazawa
31/7/1973 shizuto@mug.biglobe.ne.jp

IRFJapan北海道唯一のインストラクター、尻別川・鵡川・空知川
吉野川・利根川など数え切れぬ多くの河川を降下、経験12年のシニアガイド

  • 日本リバーガイド協会公認検定管
  • 赤十字雪上安全法救助員

中部地区

梅本 徹
梅本 徹/ Toru Umemoto
20/11/1972 umetoru@odss.co.jp

現在アウトドアサポートシステム社(ODSS)長良川ラフトオペレーションマネージャーとして活躍、ニュージーランド北島でも多くの河川を降下・ランギタイキ川ガイド4シーズン。

  • IRFインストラクター
  • NZRAグレード4・5ガイド
  • 上級救命普及員

四国地区

桂川 輝彦
桂川 輝彦/ Teruhiko Katuragawa
30/9/1975 teru_hiko_peace2@hotmail.com

四国・吉野川で河川の安全啓蒙を発信するSaferのオーガナイザー、会社では、ヘッドガイドとして活躍中、ガイド歴10年、チリ・ザンビアNZ・ウガンダなど海外での経験も豊富。07年Huka Fallsを降下

  • RAJシニアガイド
  • NZRAシニア4・5

リンク

レスキュー3 インターナショナル

http://www.rescue3.com/

rescue3ジャパン

http://www.srs-j.co.jp/

New Zealand Rafting Association

http://www.nz-rafting.co.nz/

RAJ 日本リバーガイド協会

http://river-guide.org/

特定非営利活動法人 広域防災水難救助捜索支援機構

http://www.jpsart.or.jp/

世界ラフティング協会

http://www.intraftfed.com/

日本ラフターズ協会

http://www.japanrafting.org/

カッパCLUB

http://www.kappa-club.jp/

キャニオンズ

http://www.canyons.jp/

最終更新日 2008年02月01日