ホーム >レポート

レポート一覧 リバーセーフティー・ジャパンで行った講習内容などをレポートします。

流水河川救助訓練

みなさん素晴らしい動きでした。

2012/5/22

2011シーズン

今シーズンの活動を少しずつUPします。

2011/12/13

川の安全と危険予測

本年度も流水河川での事故が幾度も起きています、日本で生活する以上、「気象災害と無縁」というような考えは、とても危険です、急勾配で洪水継続時間の短い日本の河川では、今まで河川改修工事やダムの建設など、ハードで災害を封じ込めるような、対策でしたが、今は、必ず起きる気象災害に対し、どこまで被害を軽減できるかが主な考えの焦点となります。自分の安全を町や国に委ねるのでは無く、自ら情報を求め、安全を配慮し、起こりえる危険を想定した、準備・
訓練と行動が必要な時です。「危険だ」と配られたハザードマップをみて理解しているだけでは、足りません、文献で知識は得られても、一番大事な経験が無さ過ぎと感じてなりません、特に「川は危険だ」・・と遊んでこれなっかた20〜40代前半?位の年代・・・川の事故は「既に手遅れ」となる事が多く、河川流域で生活される方はもちろん、川の安全知識と経験を培う事に時間を惜しまない方は、是非一度、
利根川での流水救助訓練に参加してみては?
多く、

2009/7/28

Oha!4NEWS LIVE取材

16th/July /09.日本テレビ朝の番組、Oha!4NEWS LIVEにて
古閑アナウンサーより取材を受けました。
リバーレスキューについて、また夏休みが到来するにあたり
河川の安全意識の啓発を目的とした内容です。

2009/7/16

神奈川県某消防訓練

6月中旬から、さっぱりダム放水も無くなり、寂しくなった
利根川で熱い消防士と流水での訓練をしました。
レスキューベルトの実施、ストレーナー、スローロープでの
救助など行いました。

2009/7/

E-ボート指導者講習会・マスター講師養成会参加

川に学ぶ体験協議会が主催する、E−ボートのマスター講師養成会に、講師兼務で参加しました。
まだ、馴染みがあまりありませんが、子供を対象とした、
河川体験学習的な要素を取り入れた活動は年々、広がってきています。

2009/6/

08'24時間テレビ小判探し、サポート

088月30日山形県、最上川にて24時間テレビ、ベッキーら地元小学生と小判を探す企画をサポートしました。
・・・が残念ながら、本番当日は、長雨で河川の水量が
増え、警報まででてしまった為、途中であきらめる形となりました。関係者の方々、お疲れさまっす!!

2008/09/24

前橋・利根川でのワークショップ

前橋県庁前から河川用ボート(ラフトボート)2艇で操船を
行いながらのワークショップ、泳ぎ、スローバック、転覆と
復元、水圧実験など実施しました。

2008/9/08

消防レスキューワークショップ6月・利根川

08年6月28日利根川にて神奈川県某消防士15名との
流水救助ワークショップを実施
流量は比較的多めだが、ボートの操船などの目的の為
流れとエディが理解しやすい場所を選考
泳ぎ・操船・ロープ救助・転覆と復元・など
訓練は夕方まで続きました。

2008/5/28

ヨセミテ国立公園サーチ&レスキューチーム合流

アメリカ、サンノゼから車で数時間
今回はヨセミテ国立公園でサーチ&レスキューチームと
無理やり合流、公園内でどの様に安全対策や緊急時の対応と
各種装備について突撃です。

2008/6/22
次へ